岩本裕司ワンポイントアドバイス 2010/9/4

2010年9月 4日(土)

昨日の3日にカナダのリーグに所属している、スー・イーグルスというチームとエキジビションゲームを行いました。今シーズンのチーム初の対外試合です。今野君も3セット目で出場し、先取点を取る活躍でチーム内で毎試合選ぶ一番活躍した選手に選ばれました。今野君が今シーズンこのリーグで1年間戦えるかどうかを見るのには重要な試合だったので、まずは最高の滑り出しをしたと思います。チームも6対0で勝ち、今シーズンの対外試合初戦を飾りました。2P以降、小競り合いが多く、反則が多くなりましたが失点0とチームが掲げるディフェンシブファーストの方針は確実に選手に浸透してきていると思います。7月に日本に行ったブランチャーが2点を取るエースらしい活躍をしっかりしました。もう一人のミライザは1得点を取るものの、シュートの正確性に欠け、ゴールの枠を外すことが多かったように思います。
ここまでのチームの練習を振り返ると昨年からいる選手と新入団選手がちょうど半々くらいになります。昨年からいる選手はシュートをした後に必ずと言っていいほど、ゴール前で止まってリバウンドを叩く準備をしています。しかし新しい選手のほとんどは止まらずに次の列へと行ってしまいます。この小さな習慣が試合で大きな違いになってきます。武相や中央に教えているときも口うるさく言っているのですが、小さい頃からしみついた癖はなかなか抜けません。練習ではいかにいい癖をつけるかも一つの重要なことだと思います。皆さんもまずはシュートをゴールの枠から外さない、必ずゴーリーに当てるという習慣をつけるようにしてみてください。必ずマックスカップで得点を取ることができるようになると思います。
これから毎週のように試合がありますので、どんどん情報を送ります。何か質問があれば、是非掲示板の方に書き込んでもらえれば応えていきたいと思います。
まだ、暑い日が続いいると思いますが、9月もホッケーを楽しんでください。

コメントする