ワンポイントアドバイス: 2010年7月

« 2010年06月 | 2010年07月 | 2010年08月 »

20日の練習お疲れ様でした。スケーティングとハンドリングを中心に行いました。
ハンドリングではトップハンドの前後の使い方を説明しました。トップハンドが自由に使えるようになるとハンドリングやパス、レシーブに柔らかさが出てくると思いますのでトップハンドを固定しない様に気を付けてください。
フェイントの練習ではコーチの指示の逆側にフェイクをして大きく逃げるハンドリングを行いました。この練習はリアクション、とっさの判断でハンドリングが出来るようにするための練習です。フェイントが少しづつ大きくなってきていますので継続して練習していきましょう。フェイクしてから逃げる時にちょっとだけ自分の体寄りにパックを引いてあげると敵にカットされることなく、交わしていけると思いますのでパックの流す位置も考えながら行ってみてください。
次回はメタルジャケットの3選手がきます。パックの位置など気にして見てください。では、28日のスクールで会いましょう!

7日の練習ではスティックハンドリングのドリルを中心に行いました。シングルハンドで押していくのも、フェイントをかける時もブレードの向きが重要となってきます。
ブレードの向きを操作するのがトップハンドです。トップハンドがいつも同じ所にあり、窮屈なスタイルでやってしまっている選手も多くいます。次回スクールでその辺のことをリンクの上で一度説明したいと思っています。
7日の練習で感じたのは、皆さんのスピードが非常に増してきたなと感じました。
また、以前だとパックを奪った瞬間にパックを大きく弾いてしまう方が多かったですが、今回を見てみるとしっかりパックをキープしてから走る・パスするかを選択でき始めているなと感じました。
。11日明日の練習でもパックをキープするドリルも入れて行きたいと思っています。
では、11日のスクールで会いましょう!

« 2010年06月 | 2010年07月 | 2010年08月 »